内臓心リンパ療法って?

内臓心リンパ療法は、下記の理論にもとずいての 特許取得しての療法です。

内臓心リンパ療法は・・・・全身のリンパ・・・・浅リンパ & 深リンパ

特に内臓機能リンパとは・・・・腹部各臓器に必ずあるリンパ管、とどこおりがあると張りやコリが発生する、流れを改善する手技法です。

秋田県の玉川温泉には、病気治療を目的に効果・効能当院では、・微量の放射線が免疫系(病気を防ぐ体のしくみ)をはじめ、体のさまざまな機能を活性化させることに注目し、こうした作用を 『放射線ホルミシスと言う』 利用して、内臓心リンパ療法・療術の手段にとしています。

どんな人でも、生命のエネルギー(気)存在するのであり、体内を縦横に巡る経絡系統、神経系、血管、リンパ線の中を動いている、これらをコントロールするセンターとして機能している腹部に集中し、そこで交叉し合っている。
毎日の、あるいは年々歳々にもわたって経験してきた心身の緊張や不安感、ストレスなどがそこに蓄積される、多くの障害を抱えていると、実際にしこりやもつれができてしまう、その結果、エネルギーとしての気の循環も次第にブロックされていく。
「放射線ホルミシス」を使用することで、全身の分子、細胞、固体に刺激を与えるのです、その後、内臓を直接指先で押してほくしをすることで、内臓から発信して全身の細胞に働きかけることにより体質改善がおこり全身が整ってくるのです。
内臓のリンパを流す、内臓筋の老廃物が流れると内臓機能が血行良くなり、暖まり、全身の筋肉に影響を与え、免疫アップし、体質改善する手技療術です。

活性酵素 ⇒ リンパ管内を流れている 老廃物 ・ 免疫

毎日の生活で体内に発生する活性酵素は、自然放射線による被害の一億倍以上の被害を受けてます。
細胞あたり毎日100万件のDNA修復活動がおこなわれています。
しかし、DNA修復が出来なかったり不完全のものが100件程度発生します。
そのような細胞を見つけて、アポトーシスや免疫系の働きで処理します。
それでも除ききれないDNA変異が蓄積していくためにガンや老化が発生するのです。
この活性酵素を、どれだけ早く排出する事が出来るかが、健康体の身体を作るカギなのです。
内臓心リンパ療法は、まさにこの事を、改善する療法なのです。

通常、整体・カイロプラティツクでは、外からの力によって起こるムチウチ等は、骨格のズレの矯正することにより、ウソのようにおさまりますが、内臓の硬さからくる痛みに対しても、骨格のズレの矯正によって治そうとしており、これでは、痛みやコリは一時的な解消にしかなりません。

当院では、不快な痛みやコリに効果絶大、体内システムを活性化し、強化かつ解毒する、苦定的な影響力を取り除き、数多くの問題を軽減する、
ことで最も総合的な方法である。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中