低体温症

低体温症 注 意 してください !!

低体温症とは、体熱が奪われて起こる全身的障害

山や海での遭難など環境条件が極端に悪い場合と生体の体温調節機能が低下している場合がある。

生体の体温調節機能が低下   =   各種疾患、各種薬剤の作用

< 最近では老化と飲酒の影響が特に注目されているいます >

体温が低下すると、皮膚血管収縮、ふるえ、代謝量増加などの対寒反応が起こる。

正常体温平均 36.5℃  ( 低くても 36℃以上 )

当院に来院される方を観察すると、36℃~35℃以下の方が多く見られます。

低体温と訴えている方の症状は、冷えが最も多く、自律神経の乱れや筋硬直が起こっている症状がみられます。

ぎっくり腰や下肢のけいれんなどを時より起きている方が多く見られます。

低体温症  =  見当識障害、錯乱、意識消失、瞳孔散大などの神経症状がみられ、筋硬直、血圧低下、徐脈、不整脈の循環症状がみられると言われています。

低体温症の合併症 =  気管支肺炎、腎不全、急性出血性膵炎などがあげられています。

対処法は =  日常の生活のなかで、特に食事、体内で熱を発生させる元。

< < たんぱく質、カルシュウム、鉄(総合ミネラル)ビタミン類、特にビタミンCなどを、意識して摂取してください。 > >

特に夏は、熱からと言って ・・・・・ 朝から夜まで、冷たいものを取りすぎない事

扇風機などで体に直接当てないでください !!

水分が蒸発して体温が下がります。

当院では秋田県玉川温泉岩盤欲にて、心から暖め、細胞レベルを活性化させて体質改善。

今年はかなりの混雑が予想されますので、早めの予約をお勧めしています。

整体 =  内臓心リンパ療法 ・ 独自特許取得していますので、安心して整体を受けれます。

サウス整体・ホルミシスセラピー店

予約 048-738- 6741

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中